忍者ブログ
ゲームのレビューしてみまひょ!攻略もあるでよ。(2007/08/26開設)
[129] [128] [126] [125] [124] [123] [120] [119] [118] [116] [115]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

このまま2007年に発売された製品で
プレイしたモノをレビューしようかと
思いましたが、いったんこれでストップ。

ってな訳で、2007年11月16日に
スワン(スワンアイ)から発売された
しる☆シルっ!!
~潮吹きお嬢様はHすぎますっ~

99-00年代に移る前に97-98年代2本思い出
したので、先にそれを紹介してからに

元々スワンマニアの方から入ったので、
低価格のイメージが…
その為、9,240円の価値があるかとは
言えない作品であったと思える。
スワンアイとしての前作の方がまだ、
マシだった気がしますがね。

本編…本編…
あれ、最近なのに記憶に残らんとはw
いや、出だしぐらいなら覚えてるかな?

ツンデレ女王様『龍ヶ崎 美麗』。
ワガママロリータ『道成寺 沙椰』。
二重人格(?)不思議少女『鷹宮 千恵梨』。
ドジッコを演じる『三都辻 えりな』。

その四人との出会いで、いきなり『美麗』から
靴舐め」を要求されるので、そこで何を選択
するかで本編のストーリー進行が決定する様な
感じですね。

んで、ストーリー進めていっても何時エンディング
に入ったんじゃと初めてプレイした時は思いました。
ハロウィンパーティがエンディングとなっている
感じで…
どうせなら、その後という感じを入れて欲しい
ですね。エンディング観念からするとw

また、システム面に関しても…なにか同じ低価格
ブランドのLilithの方がマシですねぇ。
9,000円代の製品を出すのならもうちょい他ブランド
を見習って欲しい気がするね。
この作品も低価格(2,940円)なら、違った評価が
出来たかも知れない。

まぁ、タイトルにある【潮吹き】のアニメーション
を売りにしたかったのかもしれないけど…
そこも及第点かも…

攻略については、カテゴリー内の攻略から探してねw


さぁて、"しる☆シル"についてはここまでにして、
明日は『99-00年代』に移る予定でしたが、急遽
『97-98年代』2作品思い出したので、先に思い出した
作品をレビューします。
その2作品の内一つが処女作でもあるのに関わらず
何故忘れてるッ!と友人から突っ込まれたので…
///OTZ///
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
BD
性別:
男性
職業:
秘密という事で。
趣味:
秘密という事で。
自己紹介:
AliceSoft黎明期在籍スタッフだった「ひでSAN」の4コマ漫画によってエロゲ業界に消費者としての道が開かれたのがキッカケで、今も変わらず消費者としての道を突き進んでます。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
フリーエリア
応援してます。
はむはむソフト ないしょ思春期バナー



コガネモチ
最新CM
[08/02 藤野一宏]
[07/26 藤野一宏]
[07/26 藤野一宏]
[07/26 藤野一宏]
[07/26 藤野一宏]
[07/26 藤野一宏]
[06/26 藤野一宏]
[06/25 藤野一宏]
[06/25 藤野一宏]
[04/21 藤野一宏]
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]