忍者ブログ
ゲームのレビューしてみまひょ!攻略もあるでよ。(2007/08/26開設)
[65] [61] [60] [54] [53] [51] [47] [45] [44] [43] [42]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

中古で激安だった為と「Ace of SPADE」な
ノリかなと思いつつ購入してしまった
97年にLOVE-GUNより発売された
アエティール~天使の領域~



「霊視と幻聴」の天使達の名前がエンディング名
に付けられている事からこの様なタイトルに
なったかと思われます。
クロウリーの話ではアエティール=天使
ですからね。

なのに、第10番目の天使ザクスは呪われたモノと
されている為、バッドエンドが一番あっている
筈なのに、とあるキャラのハッピーエンドの
名前に使われていたのが、おかしいぞと思いましたね。
まぁ、そう言う事を求めちゃダメですけどねw

さて、ゲームの内容としては、
とあるアパートに住む主人公。そこの住人は
主人公を除くと女性ばかり。
住む環境としては、おいしい環境であるが、
大家の目が光って何も出来ない。
ところが、大家が旅行へ行くというチャンス
が巡ってきた。主人公は、このチャンスを
生かす事が出来るのか?


というモノでしたが、それは仮想空間と
呼べる存在で、現実世界でその女性達は
ガイと扱われて、檻の中に閉じこめて
いるモノだったかな?

シナリオ的には消化不足がかなりあったが、
まぁまぁ良かったのでは?
CG的にもそこそこだったが、背景に手抜きを
感じられましたね。
セーブが一カ所のみだった為、システム的に
不満が残る作品。

現実世界でのハッピーエンドでみる事が出来る
CGが実はランダムでヒロインが入れ替わるのが
むかつくかな。パターンが幾つかあるみたいで
ようわからんので、全キャラ分のCGは見てない
に等しいですね。他のCGは見たけどw

んで、現実世界のハッピーエンドを迎えると
おまけシナリオが発生して、このゲームの
「真実」が明らかになった筈。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
BD
性別:
男性
職業:
秘密という事で。
趣味:
秘密という事で。
自己紹介:
AliceSoft黎明期在籍スタッフだった「ひでSAN」の4コマ漫画によってエロゲ業界に消費者としての道が開かれたのがキッカケで、今も変わらず消費者としての道を突き進んでます。
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
フリーエリア
応援してます。
はむはむソフト ないしょ思春期バナー



コガネモチ
最新CM
[08/02 藤野一宏]
[07/26 藤野一宏]
[07/26 藤野一宏]
[07/26 藤野一宏]
[07/26 藤野一宏]
[07/26 藤野一宏]
[06/26 藤野一宏]
[06/25 藤野一宏]
[06/25 藤野一宏]
[04/21 藤野一宏]
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]